Biography

2017 Line-Up

김성훈 Sunghoon Kim<vo>,植木 英史 Hideshi Ueki<g>,松原 匠 Takumi Matsubara<key>,中村 和正Kazumasa Nakamura<b>,堀 博貴Hiroki Hori<dr>

( L to R ) 堀 博貴, 中村 和正, Sunghoon Kim, 植木 英史, 松原 匠

1999

植木英史を中心に前進バンドはDie<vo>,Seigen<b>,Rinnba<key>,飯田<dr>の5人編成で結成される。

​王道なNeo Classical HMバンドとして名古屋のElectric Lady Landを拠点に活動を始める。同年6月にバンド名をRachel Mother Gooseに改名。

初回ellステージで飯田が脱退。新しく山田が加入するが8月で脱退。サポートとして飯田が再加入し"Magic Wand""With Dream"の2曲をレコーディングし1st demo tapeを配布。

九月には飯田のサポートが終了し正式メンバーとしてBatayanが加入。

2000

​4月、レコーディング開始。6月1stアルバム"Magic Wand"をリリース。ellのレコ発ライヴを皮切りに初の東名阪ツアーを行う。10月にDieが脱退。

2001

3月、新ヴォーカリストSyuuheiが加入。6月に3曲入りの2nd demoを制作。

2002

3月、陰陽座のオープニング・アクトを務める。後seigenが脱退し新たなベーシストとしてMIYAVIが加入。

8月、2ndアルバム"Nadir"がJackhammermusicよりリリース。レコ発ツアーとして東名阪を行う。

10月、植木以外のメンバーが脱退。

2003

​1月、Mikka<vo>,早川ユウジ<b>松井博樹<key>,小川幹夫<dr>が加入。その後3rd demo”Mother"を制作しXYZ→Aや韓国のBlack Syndromeと共演する。

8月、韓国のテグで行われたユニバーシアード大会、ワールドロック・フェスにBOWWOW,XYZ→A,ロリータ18号とと共に出演し海外最初のライヴを行う。

2004

1月、4曲入りのMini album "Fortune"を自主制作300枚限定でリリース。後、早川が脱退し小坪真吾が加入。7月には2曲を追加収録して3rdアルバム"Fortune missionary"をMandrake Rootからリリース。後、松井博樹が脱退。

2005

​Rinnb<key>が再加入する。9月、"KAIROS"をレコーディングし、4thdemoとして150枚限定で配布。そして新たなアルバム"Signs"を制作し始める。

2006

1月、アルバム"Signs"をMandrake Rootよりリリース。レコ発ツアーを札幌まで伸ばし国内ツアーを展開する。Rinnbaのサポートが終了し渥美淑子<key>が加入。

2007

1月、5th demoを配布。

2008

​9月、6th demoを配布

2010

Mikka,小川,渥美,が脱退。初代シンガーDieをゲストに迎え新メンバー岡田英之<key>,Takeru<dr>が加入し結成10周年アニバーサリーツアーを東名阪で行う。この時に2曲入りのデモを配布する。

新VoにJanne Makkatainenが加入。

2011

​10周年記念アルバムから"Vicious eyes"がPSVitaのソフト"地獄の軍団(スクウェア・エニックス)"に挿入曲として使用される。

2012

9月、3曲入りシングル"Pray For Revenge"を自主リリース。東名阪他レコ発ツアーを行う。

2013

岡田が脱退。そして現メンバー松原匠<key>がサポートで参加。7月、Janne ,小坪、Takeruが脱退。9月に名古屋で韓国のネオクラHMバンドZihardと共演。これがSunghoo Kim<vo>との出会いになる。​​

2014

​RachelMotherGooseを植木のソロ・プロジェクトとして再開する。

3月、植木が単身でソウルで行われるZihardのライヴにゲスト参加する。

​5月に行われる”Owari Metal Fest 2014"に参加するため植木の持つ妥協のない楽曲を再現するメンバーを招集。

以前からサポートしていた松原匠<key>をはじめSunghoon Kim<vo>, 中村和正<b> を迎える。

2015

​7月、ZihardのリーダーYoungsoo Park<g>をゲストに東名阪ツアーを行う。

2016

5月​、新アルバムのプリプロダクションを行う。7月に御殿場Tapestry Recording studioでレコーディングを開始する。dr sound producerとしてOUTRAGEの丹下眞也が参加。Mix,Masteringにアレッサンドロ・デル・ヴェッキオが担当。

2017

1月、新アルバム"TOKIWA NO SAI"をSpiritual Beastからリリースされ発売はユニバーサル・ミュージックと初のメジャー作品となる。今作はOUTRAGEの阿部洋介<g>やSAEKO<vo>もゲストで参加。

第一弾レコ発ツアーに星山哲也<dr>がサポートで参加

​3月、現サポートメンバーの堀博貴<dr>が加入

2018

January, new song under500 million,

Record a Demo sound source with dainsleif

March

Participated in the final to decide the representative of Japan who will stand on the stage of the sacred place Wacken.

July

Perform a West Japan tour. Tour Shimane, Tottori, Fukuoka and Matsuyama.

December

Performed a domestic coupling tour with POWERIZED, a former Vicious Rumors member of Nick Holleman.

2019

In April, he made his second appearance in the final to decide the Japanese national team on the Wacken stage.

In June, the demo and sound source of the next work will be recorded.

7th DEMO will be sold as an independent production board only at the venue at the performance of ell.SIZE. Sold out with a quantity of 40.

October Support act for Norwegian progressive melodic HM band Circus Maximus at Nagoya performance

At this time, we will announce our first challenge song, KOTODA MAIST. It was very well received by progressive rock fans.
December Finished recording all the demo sound sources of the next work.

2020

In June, recording engineer Inui Fuyu Hiko will participate in the recording of the next work again. Hori and Nakamura recorded for 3 days at JOYSOUND 601 Studio, July Matsubara for 2 days at Gachaman Recording Studio, August Ueki for 5 days at a public hall in Yamagata City, Gifu Prefecture, and September Kim Sung Hoon for recording in Seoul.

In October, Alessandro Del Vecchio participated in Mix & Mastering again.

Start promotion in November

2021

In April, the new album SYNRABANSHO signs a contract with RUBICON MUSIC.

Released on Wednesday, May 26th.

Twitter News

189038417_3858457047613531_6170872364077
51aVEvqei0S._SY291_BO1,204,203,200_QL40_
NEWSFEED
06/06/2021
An interview with Ueki is published in the July issue of BURRN!
06/04/2021
Ueki's album production and interviews with equipment are posted on the comprehensive electric guitar site "Dr. Electric Guitar"!
31/05/2021
SYNRABANSHO TEASER released
22/05/2021

A cover art pattern can badge (Φ44mm) has been added to the benefits for those who ordered from their labels RUBICON MUSIC and DISK HEAVEN. And posters also published!

RMG's new album SYNRA BANSHO with lots of first-time benefits is a video (40min) with stickers + live & Ueki's album commentary & Alessandro Del Vecchio's message! News

06/05/2021
Our new album was published in the review of BURRN !, a heavy metal / hard rock magazine released today on May 6th. I am very happy to hear the high score of 90 points and the comments that give us high expectations! Please check it out. Stay tuned for the release of SYNRA BANSHO.
30/04/2021

We, RMG singer Kim Sunghoon, will release a solo album "Hegemony Shift" from King Records on June 23rd!

We RMG members Hidefumi Ueki Gu. Kazumasa Nakamura B. and Yosuke Yokoyama, who is hitting in the previous work TOKIWA NO SAI, also participated in this work.

Please check the details!
Details: King records

23/04/2021

[Rachel Mother Goose Information]

Today's New album information ban day !!

RACHEL MOTHER GOOSE

Title: SYNRA BANSHO-Shinrabansho

Publisher: RUBICON MUSIC

HP http://rubicon-music.com/
Reservation starts at each record store nationwide!

For details, go to News

2175012107-482x680.jpg